バントカラー好きのMTGメモ

バントカラーが好きなモダンメインのMTGプレイヤーがメモ書き程度のことを書くつもりのブログ

knightfallに採用される非クリーチャー呪文

GP神戸2017直前になってしまいましたが書いていきますよー。

本戦に出場される方の役に立てればこのメモを書いた意味が増えるので嬉しいですね。

 

クリーチャーや土地ほど長くはならない予定…

 

《珊瑚兜への撤退》

f:id:ovoroyuki:20170516193737p:plain

上陸で対象のクリーチャーをタップかアンタップ、もしくは占術1ができるエンチャント。聖遺撤退コンボのパーツその2。しかしながら単体でのカードパワーは低め。というのも、コンボを狙う状況以外では序盤~中盤においてこのカードを設置するよりもクリーチャーを出したり、《集合した中隊》を唱えたりした方が強いことが多いのです。

じゃあコンボ以外で役に立たないのかというとそんなことはなく、相手クリーチャーをタップして攻撃を止めたりブロッカーを排除したり、マナクリーチャーをアンタップして出すことのできるマナを増やしたり、占術1も単純にドローの質を高めることもできますし、とロングゲームになったときに活躍すると思われます。使い方は無限大!な気がするので実践で思いついたことは記録していきましょう。

枚数は3の人や2の人がいますが2枚がオススメ。上記のとおりあまり強くないので2枚目はあまり引きたくないですからね。

 

《集合した中隊》

f:id:ovoroyuki:20170526013319p:plain

みなさんご存じカンパニー。4マナから最大で3マナ相当のクリーチャーを2体出すことができるというのは本当に強い。6枚の中に《呪文捕らえ》が入ってることを願って相手の呪文に合わせて唱えることもしばしば。ブロッカーを出すために相手の攻撃クリーチャー指定時に唱えたり、何もなければ相手のエンド時に唱えてアタッカーを探したり、単純に見えて使い方が難しいです。こいつを構える、ということがクリーチャー満載デッキでも強いのは本当に《呪文捕らえ》のおかげ。

 

《流刑への道》

Back

超強力1マナ除去。長らくモダン最強の単体除去でしたが《致命的な一押し》にその座を奪われました。が、対象に取ることができればサイズもマナコストも関係なく除去できるのでやはり強い。サイズで突破の厳しいエルドラージや探査クリーチャーを除去できるのは本当にありがたい。knightfallの場合は自分の生物に使って無理やり上陸することに意味がある可能性は0ではない…はず。《珊瑚兜への撤退》が2枚ある状況でブロッカーをこのターンだけ減らせば勝てる場合とか…。ほぼないので記憶の片隅にどうぞ。

 

 

この次からはサイドボードに採用されるカード。

 

《統一された意思》

f:id:ovoroyuki:20170526014526p:plain

自分のコントロールしているクリーチャーの数が相手より多ければ対象の呪文を打ち消すことのできるカウンター。カウンターを入れたい相手はクリーチャーが少ない場合がほとんどなのでほぼ色拘束の薄い《対抗呪文》みたいなもの。knightfallの打ち消しといえばコレ。サイドに置くなら2枚ぐらいだろうか。基本対コントロールやコンボ用。

 

《否認》

f:id:ovoroyuki:20170526015002p:plain

モダンの定番カウンター。これもコントロールやコンボ相手に入れることになると思います。クリーチャーを打ち消すことはできないのでクリーチャー主体のコンボデッキには入れずらい…。クリーチャーを出す前にカウンターを構えたいなら一考の余地あり、とはいえ、knightfallは3ターン目ぐらいまではクリーチャーを展開しないとその場で負けることはなくともゲームに勝つことはできないデッキなのでそんなことをしている暇はない。

他のカウンターは見られる範囲が狭いためあまり採用したくはない。1マナで除去をはじいたりコンボ妨害を阻止できるであろう《払拭》や《頑固な否認》は一応アリ。《呪文嵌め》を採用したいならメインの《流刑への道》を減らそう、オススメはしないが。

 

《石のような静寂》

f:id:ovoroyuki:20170526015634p:plain

対親和・ランタンコントロール用、一応トロンにも。《再利用の賢者》やメインの《クァーサルの群れ魔道士》ではアーティファクト対策が足りない場合が多いので1~2枚、枠があるなら採用したいところ。親和やランタンコンは1枚でやれることがかなり減るので非クリーチャーのサイドカードの中では優先度がかなり高いと思ってます。無限マナを出された時点で勝ち目はないので《歩行バリスタ》の能力対策にカウンターカンパニー(《療治の侍臣》を使ったカンパニーデッキ)相手にサイドインしてはいけない。

 

《忍び寄る腐食》

Back

こちらも対親和・ランタンコントロール用カード。マナクリーチャー経由で最速3ターン目に使えるので対親和でもギリギリ間に合います。《刻まれた勇者》をknightfallで除去できるほぼ唯一のカードなので結構アリ。

 

《神聖な協力》

Back

対象のプレイヤーが4点回復、対象の2体のクリーチャーをアンタップ、対象のプレイヤーは攻撃クリーチャーを生け贄といった3つのモードから1つ選び、2マナ払うごとに選べるモードを増やせるインスタント。対バーン、エルドラージ、死の影系、グリクシス系(というか探査クリーチャー)、ヴァラクート、グリセルシュートなどなど、面展開はあまりしないがサイズの大きいクリーチャーを繰り出してくる、回復手段を増やしたい、といった相手にサイドインします。サイズや呪禁に関係なく、《現実を砕くもの》の能力も無視して除去できるのは非常に強いのですが、白の布告らしく攻撃クリーチャーでなければいけません。白を含む2マナをたてているのを見たらお供と一緒に攻撃するだけでケアできてしまうのは非常に痛い。それでも白の除去としては《流刑への道》の次に優秀と言えると思います。

回復効果はバーン相手に強そうに見えるのですが…《頭蓋割り》を合わせられて回復できない場合が少なくないです。布告もテンポ的に弱いので対バーン用としては実は微妙なカードなのです。対死の影デッキでは回復効果が”対象のプレイヤー”が4点回復するため相手を対象に取ることで4/4以下の死の影を処理することができるのは覚えておくといいですよ。

 

《ドロモカの命令》

f:id:ovoroyuki:20170526022442p:plain

対バーンを基本とした追加の除去。エンチャント布告は《嵐の神、ケラノス》などのテーロスの神にも有効。バントカラーでは貴重は対象を選べる単体除去。+1/+1カウンターを置くモードも《台所の嫌がらせ屋》の頑強復活や格闘可能な範囲を広げたりとやれることは多い。格闘除去の性質上、サイズの大きいクリーチャーには効かない場合が多いので対システムクリーチャー用の除去と思っておきましょう。また、エンチャント布告として使う場合、場にクリーチャーが1体以上いるもしくはスタックになんらかのソーサリーかインスタントがある、といった条件があることになるので注意しましょう。

 

《異界の進化》

f:id:ovoroyuki:20170526021401p:plain

サイドインしたクリーチャーや《聖遺の騎士》を出すためのカード。モダンではサイドの枠が足りないので複数のサイド用クリーチャーの数を擬似的に増やせるのは《集合した中隊》のハズレになるとはいえとても優秀。追加コストのクリーチャーも3マナ以下のクリーチャーしか採用しないknightfallではマナクリーチャーを使えばいいのでほぼ気にならないでしょう。

 

《外科的摘出》

Surgical Extraction

墓地対策枠。knightfallは墓地を使うデッキでもあるので自分の墓地も追放してしまう《安らかなる眠り》や《大祖始の遺産》は使えません。言うまでもなく《墓掘りの檻》も無理。なのでクリーチャーや土地以外で対策するとなると《外科的摘出》になると思います。一応《幽霊街》と組み合わせる前提でトロンやヴァラクートに入れられなくもないです。ファイレクシアマナなのでコストは基本的にライフ2点を支払いますが、《極楽鳥》から黒マナが出ることは忘れずに。

 

 

主に採用されているのはこの辺りです。以下は採用されているのは見ないけど個人的に使えると思う1マナ除去。

 

《太陽の槍》

f:id:ovoroyuki:20170526023156p:plain

対象を選べる1マナの除去。白でないクリーチャーが条件ですが与えられるダメージは《稲妻》と同じ3点なので除去できる範囲は狭くない。1マナなので先手後手を返せる場合も多く、テンポ的に優秀なので対バーン、親和、マーフォーク、エルフ、カンパニー等の白くないクリーチャーデッキに入れたい。カンパニーは白も入ってるけど《療治の侍臣》や《族樹の精霊、アナフェンザ》、《台所の嫌がらせ屋》以外のコンボパーツは白くないので他のコンボパーツを狙おう。

 

《糾弾》

Condemn

対死の影、エルドラージ、ヴァラクート、グリセルシュート、探査クリーチャー用追加除去。死の影対策にと最近増えてきた。除去したクリーチャーのタフネス分のライフを回復されるものの、死の影を除去できれば13点を削るのは難しくはない、はず。場合によっては一緒に攻撃してきた《タルモゴイフ》や探査クリーチャーを狙って全滅を狙おう。こちらも1マナでテンポ的に優秀なのでバーンやマーフォーク相手に入れてもいい。対エルフは攻撃してくるころには1体減らしても仕方がない場合がほとんどなのでお守りになりそう。

 

 

こんなところでしょうか。サイドボードは苦手な相手に勝つためのカードを入れるものだと考えているので非クリーチャー呪文とクリーチャーで役割が被る場合にはクリーチャーを優先した方がいいのでクリティカルに刺さるカードを選びましょう。